FC2ブログ

「潮騒の ぼくら」



ふと気づくと、海にいる。



水の上



ゆっくりゆっくり、沈んでいく








色の狭間



時々、キラリと光るものがある



目をこらすと、消えて見えなくなってしまう








体を解いて、思い出す



こわい赤



肌の下



しのばせた海は 陸の色。








うろこを剥いだ ぼくら



二本の足で探しもの



きみと、わたし



還る海に 抱かれて歩く。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)