FC2ブログ

写真と絵、詩、日記

お花見に行ってきました。



高田名所の公園です。



s1


s2


s3


s4


s5


s9



s8


s10





天国か。




s12


s13


s14


s15




〇 〇 〇 〇





d1


d2



鉛筆やボ-ルペンで、ざざっと描くのが楽しいです。



d3






〇 〇 〇 〇






詩を3篇。





『とりあえず仮眠とろう』




「会いたい。」


言葉が、波に輪になり

会いたい、今すぐ。わたしを必要としてくれる人
わたしが必要だと思う人


この疲れた体を どろんとあずけて

「疲れてしまった」と
何も言わずに 考えずに

もたれられる人

疲れじゃない、それよりしつこい 
この もやもやを

吹き飛ばしてくれる人


会いたいなぁ






『にんげん』




ねえ知ってる
あなたのこと好きよ

あなた優しいから
優しくしてくれるから わたしには


あなたが、嫌いな人には
嫌な顔するんだって知ってるわ

嫌な事平気でするんだって


それをされたら、どんな気持ちか
わたし 痛いほど知ってるわ

痛いほど されて知ってるわ


ねえ あなたが
かっこいいと思って、やった事
何一つ かっこよかった事あったかしら

あなたが
許されると思って、やった事
許されたと本気で思ってるの

あなたが
隠せてると、思う事
わたしが知らないと、本気で思ってるの


おかしい

ねえ もろいわ

きっと、
あなたを壊すなんて かんたん

わたしを壊すのと、同じくらい かんたん



言えないんじゃない、言わないの

出来ないんじゃない、やらないの


ねえ もっと
わたし、こてんぱんに言いたいわ

きれいな歌のなか、
なにも知らない顔して

あなたを血まみれにしたい


逃れられないの
うずまく憎悪から


祈れば祈るほど、同じだけ
もっとも 歌いたくない歌を

自覚せずに、いられない


知ってるわ
いいえ、知ってほしい


わたしは そういう人間


ふとしたきっかけで、
人を蔑み
馬鹿にし

比べ、比べられ

きれいなものを作り
誰よりありたいと 願いながら

歌いたくないと、祈る口で
歌って笑ってる



人間



善人でも悪人でもない
清流でも濁流でもない

美しくも醜くもない

ただひとりの


あなたと同じ 人間











『世界中がそうなら、私は(どうする)』





愛してると叫びたい
泣き叫ぶくらい 大声で


愛してほしいと泣いた日に

体の底から
それしか、言葉が出なかった


生まれる前と同じくらい
生まれたあとも、愛してほしい


たえず何かを愛したい
たえず何かに愛されたい

一時も欠かすことなく
たえず愛を感じていたい



愛のために生きていると、そう思ってしまうくらい

愛に囲まれて生きていたい
ずっとそうやって、生きていたい



愛してると叫びたい









〇 〇 〇 〇





性格の不一致。
相性の良い、悪い は、守るものの問題だと思う。

それまで守ってきたもの、いま守っているものの不一致。


たとえばそれが、無意識の最優先、自己のことなら。

自立心を守るため、人を傷つけてしまう人。
人を傷つけてでも、守りたい、そうしないと守れない。

不安定さ、もろさ、無自覚か、自覚していても出来ないか、トラウマ、重要性を感じない、
とか。


自分の心を守るために、ボロボロになってでも、人を傷つけたくない人。

人を傷つけた時に、相手が、自分が感じるものを、感じたくない。
それによって、もたらされる、自己の不安定さを感じるくらいなら、自分で傷を負ってしまう人。


守っているのは、自己。
生きるのに、必要最低限なもの。

自分を守りたいのは、誰でも同じ。

だれかとぶつかる時、この人は、いま何を一番守っているんだろう。
これは何を守るための行動で、だとしたら私は、どう対処したらいいんだろう。
自分も相手も、傷つかないためには。

とか、考えてます。


私は、いま自分のなかで何を一番守りたいんだろう。

今している行動は、何を守る為で、どこへつなげる為なんだろう。
そのためには、何を改善したらいいんだろう。

とか。


あいかわらず自分のことばっかですが、一歩一歩進んでいます。




体質改善を図ってから、馬鹿みたいに元気になって、
調子の悪い時もあるけれど、人に会うときは馬鹿みたいに元気な人になっています。

初対面の人とかは、なんか元気のいい人、みたいに思うのかなぁ、とか思っています。



むずかしく考えずに、春の陽気を存分に楽しみながら、過ごしたいです。


春だなぁ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)